手の使いすぎによる肩の不調

昨日はお彼岸の中日でしたね。私は年に4回(この日とお盆、秋のお彼岸、年末)にお墓参りに行くのですが、寒さも和らぎ、蚊もいないのでこの日のお墓参りが一番好きです。また、私の住む白洲町では、昔ながらの伝統で春のお彼岸に戦没者の慰霊祭・招魂祭が行われます。私の祖父の兄弟にあたる人も従軍して亡くなりました。10代人生これからというときに命を落とすなんて・・・。戦争ってなんなんだろう?

本題に入ります。首や肩のコリ、肩が上がりづらい・・・などの慢性的な症状に悩まされている方、症状ブログや動画にも載せてありますが、肩を直接ねらうのではなく、手や手首、前腕へのアプローチを行うとほとんどの方が改善をします。これは、手は最も複雑な動きをしますが、重いものを持たなくても、パソコンやスマホの操作でも指の同じ動作の繰り返しを行っており、実はかなりの疲労をしているんですね。また、ものを食べるには主に屈筋を使って口に運ぶように本来は屈筋を使って何かをするのが自然な動作ですが、パソコン操作のように手首を少し反らせる(伸筋を縮ませる)動きは生きていく本来の動きから考えるとあまり使わない方向なので、より無理がかかるんじゃないかなと思っています。指や手首を労ってさすったりストレッチをしたりする習慣があると変わってくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1