肩こり・・・肩甲骨上腕リズム

この前のブログで肩甲骨の動きが大切だというお話を載せました。その続きの内容です。

肩を動かす時、腕から先だけが動くのではなく、肩甲骨と鎖骨が連動して動いています。腕を上げるという動作で30°位から上腕と肩甲骨が2:1の割合で動きます。これを肩甲骨上腕リズムというのですが、おおざっぱにいうと肩甲骨が動かなければ、肩の動きの1/3は出来なくなってしまうということですね。

ですので、肩甲骨が動きにくい身体になってしまうと無理に筋肉を使って腕を動かすことになり、より筋肉の緊張を高め→血液循環を悪化させ→さらに痛くなり→無理に筋肉を使う・・・の悪循環に陥ってしまうのです。肩を良く回しているのに・・・その動作がもしかしたら肩甲骨や鎖骨を上手に使えていない動作だとしたら体操しているつもりがより悪い方向に進んでしまっていることになります。

プロメテウス解剖学アトラスより引用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1