肉離れと筋肉の連携、そして関節の連携

当院の整体術は筋肉の張力や動きに変化を与えて痛みや不調を改善していく手技なので、肉離れの症状に対しては正直効果は薄いと感じておりました。
しかし、筋膜のつながりを考え、損傷箇所、痛む部分ではなく、他の部位を調整してその部分への負担を軽減させることで不快な症状を改善できることを感覚としてつかめるようになってきたのが、ここ1年位の施術の進化です。軽度のものであれば、痛みは0にはならないものの、競技を出来るようにまでは改善します。
先日のブログで、腕の関節のお話を載せましたが、足に関しても同様です。大きく股関節・膝・足首がお互いに連携して動きをつくっているので、どこかが十分な動きが出来ていないと他の関節への負担が増し、不調や動きの悪さを引き起こしてしまいます。例えば、捻挫の予防のために足首をサポーターなどでガチガチに硬くすることがありますが、(修復の途中であれば致し方ありませんが・・・)足首を常に硬くすることをしていると、膝や股関節への負担を高めて痛めてしまうこともあるのです。
施術での変化を確認したりクライアントさんの様子を伺ったりすると、身体はとても繊細に連携をしていて、だからこそ細かい動きが出来るのだと感心させられます。と同時に、一部の大きな崩れが身体のいろいろな部分への不調へつながっていく恐れがあることを再確認させられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1