筋トレで痛みをとる?

クライアントさんから良く受ける質問。
「膝の痛みをとるために、お医者さんで大腿四頭筋の筋肉をつけるように言われた。」
「腰が痛いから腹筋を鍛えると良くなるかねえ?」 などなど・・・
筋力トレーニング=痛みをとる という考えかたが一般常識的には認知されていますね。
昔、大相撲の名力士「千代の富士」関は肩の脱臼癖を筋肉の鎧を着けることによって克服したって有名な話がありますね。すごい強かった・・・。
もちろん、これは正しい対処ですが、筋力をつけることによって痛みが改善されるパターンの症状はどちらかというと少数派です。筋トレで痛みがとれるパターンの方というのは、主導筋と拮抗筋の働く強さが極端に違う方の場合です。ましてや、痛いのに治ると思って無理してやる筋トレは症状を悪化させる恐れもあるのです。
筋肉の異常な緊張などが痛みの原因のほとんどです。当整体院では、筋肉の留めをつくった状態で痛みが出る動きをしてもらって、痛みが回避されるかもしくは軽くなるというポイントを探り、それを手がかりに痛みが出ない状態になるよう筋肉の優しい調整で改善しています。筋肉を鍛えなくても痛みがとれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1