指先を使う

指先を使う

池谷裕二さんの著書から

指先の運動は脳を活性化させることが知られています。バイオリニストやピアニストは指を動かす脳領域が普通の人に比べて広いのですが、これは生まれつき演奏家の脳領域が普通の人に比べて広いのではなく、演奏や練習を続けたことで脳領域が広くなったと考えられます。つまり指を動かすことで、指を動かす脳領域が活性化されたわけです。

ヒトが進化した大きな要素は「手が使えること」。精巧な指の動きが脳を発達させたと言われています。すばらしい陶芸や絵画など手の精密な動きが人の心を魅了する作品を生み出します。スポーツの世界でも、例えばバレーボールのセッターのトスの繊細なコントロールは最終的には指で生み出します。

整体施術の時、指先はセンサーとして活躍してくれます。皮膚を介して感じる筋肉の微妙な反応を手がかりに、これも繊細な動きなのですが角度・深さ・方向を合わせていくと良い方向に筋肉が動いてくれます。また、昔は編み物など、頭で想像しながら指先を細かく使っていたと思います。それは脳にとてもよいことだったんですね。しかし、パソコンのキーボードは同じ作業の繰り返しでただ疲労を増大させるだけになってしまいます。いろいろな動きで使うことは身体を活性化させるけれど、ただ同じ作業の単調なルーティーンは疲労させる。なかなか難しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1