疲労性の痛み

昨日のブログの続きで、後者のパターン「夕方になるほど痛くなる」場合についての検証です。
同じ動作の繰り返しなどで筋肉が疲労緊張し、血流が悪くなることによって各細胞への酸素や栄養分の供給も不要物の回収も滞り、悪循環に陥ってしまいます。部活動でがんばっている学生さんもこのパターンが多いですね。
こちらのタイプの方の対処方法は、例えば、デスクワークが多い方は1時間に1度くらいは席を立って肩回しや屈伸など軽運動をすることで同じ姿勢を解除し、違う動きを取り入れます。また、力仕事などでたくさん身体を動かしている方は、休めることも当然大事になってきますが、作業が一区切りになったところで、強く収縮してしまっている筋肉への的確なストレッチを行うのも良い方法です。また、休日に軽スポーツなどをしていつもとは違う動きを取り入れて使っていない筋肉を刺激するというのも前者の方を含め効果があります。
女性の方で多いのですが、指が腫れるなどの症状でお困りの方を多く見受けられます。指の先の方に力を入れて作業をするのは、実は身体にはかなりの負担をかけてしまいます。MP関節(指の付け根の関節)を使って軟らかい動きを出せるようになると疲労度や痛みが変わってきます。意外にも手の使い方も大きく関わっているのです。
いずれにせよご自身の動作の特徴を知り、自己整体などの積極的なケアをしていくことで身体の痛みは改善されていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1