走れる身体

先日のブログでは、正座できる身体とできない身体では大きく違うということを書きましたが、同じような視点で走ることができる身体とできない身体の違いについて考えてみたいと思います。
どの様な違いがあると思いますか?
走ることで歩行に比べると動員する筋肉の量は違います。また、そのためにより多くの酸素を必要とするので、肺活量も上がります。そしてもう一つの視点・・・走ると歩くの大きな違いは、歩くときは必ず地面にどちらかの足がついていますが、走るときはどこも地面についていない時間があるということです。つまりは、走ることができる身体というのは、空中動作が維持できるということです。
ですので、走ることができるうちは、ゆっくりでもよいので走る時間をつくるとよいですね。もちろん、今は暑いので時間帯は注意しなくてはいけませんが・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1