東日本被災地の今

南三陸町防災対策庁舎

私は若い頃お世話になった東北の被災地に1年に1回は訪問することを心に決めています。現在はあえてボランティアが必要というわけではありませんが、知人に会い、様子を伺うことはとても意義のあることだと感じています。今日は11日ですので、この日のブログに掲載しようと思っておりました。
今回はゆっくりはできませんでしたが、仙台からレンタカーを借りて北上。南三陸町~陸前高田~大船渡、そして大船渡市三陸町へ行って参りました。
現地を尋ねると、今でもまだ残されている震災の爪痕に恐ろしさと当時ボランティアに入った頃の惨状がよみがえるとともに、まだ決して復興できていない現状に政府の対応の悪さと被害の規模の大きさを痛感します。
南三陸町は、かさ上げされた場所が多くなり、いつも大変に賑わっているさんさん商店街も移転していました。写真は防災対策庁舎で、現在は近くに行くことができなくなっていましたので、商店街からの写真なのですが、3階の建物が一番上の階しか見えなくなるほどのかさ上げをしているんですね。
陸前高田市は奇跡の一本松のある場所を震災の復興公園にすべく工事が行われていました。未だすごい砂埃が舞う道路です。まだまだ復興に時間がかかることを強く印象づけられました。
大船渡市は市街地についてはかなり整備された印象を受けました。ただ、三陸に入って見た防潮堤の高さには驚くとともに何か複雑なものを感じました。

まだまだ復興半ばです。このことは忘れずに被災地への思いを持ち続けていきたいと思いました。

奇跡の一本松

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1