股関節が硬い?②

夏休みも後わずかになりました。中体連では各種目で全国大会が開催されています。今年は九州ブロック担当ですね。東京オリンピックが開催される2020年にはこの中学校の全国大会が東海ブロック担当になります。バレーボールは静岡県担当になりますし、浜松市はテニスが会場になるようです。その年はスポーツの話題で持ちきりになりそうですね。さて、新チームとなっている中高生のチームはいよいよ新人大会目前の時期となってきました。いままでは身体づくりや基礎練習をみっちりとやってきて、実践練習に移行していく時期でもあると思います。身体づくりという点で、スポーツをしている学生さんで指導者から「股関節が硬いから柔らかくしなさい」と指導されることが多いようです。
確かに腰を使った動きは腰だけを使うのではなく、球関節である股関節の方が動きが大きいので、股関節をどの様にして使うかでパフォーマンスが違ってきます
では、どの様にして股関節の柔軟性をつくっていくか?よくあるのは開脚の体操なのですが、ただ足を横いっぱいに広げて身体を前に倒すだけでは正しいストレッチとはいえません。当ホームページの動画にも載せてありませが、つま先の向きや腰椎への意識で伸ばされる部分が変わってきます。さらに、球関節であるが故に、開脚での伸ばしだけではなく、360度いろんな角度に効かせて伸ばしていくことが重要になってきます。ある角度は柔軟性が高いけどある角度は低いというもの問題で、そのために無理な動きをしてしまい腰痛を引き起こしてしまっていた学生さんもいました。
股関節のストレッチひとつとっても、奥が深いのが人間の身体の動きです。当院では整体施術だけでなく、身体の動きに関することの研究も行っております。このようなことに興味がある方もぜひ一度ご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1