捻挫からの回復

腓骨の骨折をして2週間固定していたけれど、ギブスが外れたので早く競技復帰したいからお願いしたいという中学生がお越しになりました。
腓骨遠位端骨折」ですが、痛みの箇所は外くるぶし周辺とアキレス腱の下部です。外くるぶし周辺の痛みは骨折が直接起因しているもの、アキレス腱は固定したために起こったものと判断しました。痛みのある部分には直接アプローチせず、筋膜のつながりを使って緊張している部分の緩解をしたところ、アキレス腱辺りの痛みはほぼ良くなり、全体的にも痛みのレベルが落ちたと伝えてくれました。動作確認でも歩きによる痛みの軽減の他、屈伸運動、つま先立ちもほぼOKの状態になりました。
キブス固定をしていたので歩き方がぎこちなくなってしまっています。脳は動作を習慣化するので、痛みがなければ松葉杖も使わずに普通の歩き方になるように訓練します。競技復帰はレントゲンの結果を踏まえてその確認が取れてからになりますが、筋肉の状態を整えて痛みが軽減できていれば、その後の回復も早くなります。捻挫による後遺症(等HPの症状別メニュー⇒「足首の捻挫」を参照してください)は軽視できませんので、しっかりとなおして競技に復帰してもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1