腰痛⇒腸骨筋

腰痛治療で「腰痛にはここ!」なんていう魔法のようなポイントがあればいいのですが、残念ながら腰痛といえども様々なパターンがあり、慢性腰痛ともなれば多くの筋肉が関わって痛みを形成しているので、そう簡単にはいきません。
ただ、腰痛の多くの方に共通をしていることの1つに側腹(骨盤の上、横の部分)が硬くなっているという事実が挙げられます。身体は賢いので、どこか悪い部分が生じるとそこを補完するように他の筋肉ががんばるので一時的に良い状態を保つことができます。しかし、その筋肉も疲れてきてまた他の筋肉が代わりにがんばる・・・という連鎖が起こり、ある痛みが慢性化しているということは多くの筋肉が疲労または損傷している状態となり治療ポイントが増えてしまうのですが、そうなってしまうまでの通過点ともいうのでしょうか、腰痛にはほぼ腸骨筋が関わっています。
ですので、腰痛の方で側腹が硬くなっていらっしゃる方は、骨盤の縁に沿って腸骨筋の硬くなっている部分に対してアプローチをすると改善していくパターンが非常に多いです。腸骨筋は大きいですのである部分を触って動かすと痛みが軽減するポイントがあります。それが見つかればその部分の硬さをとっていくと楽になっていくことが感じられると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1