遊びの中で身体をつくる

幼いお子さんをお持ちの方は、安全に配慮をしながらお子さんを外で遊ばせてあげてくださいね。
当院には運動面文化面ともに部活動にがんばる学生さんが多くみえてくださいますが、基本的な身体のしなやかさが獲得できていない子が多く見受けられます。
おそらく、低学年の頃から例えば野球をやっているよという子も、運動の経験はきれいにならされたグラウンドの上がスタートであったり、真っ平らな床の体育館であったりするんです。それが山で鬼ごっこをよくしていたとか、浜名湖の海岸で石の上を伝って歩いていたなどの経験があるとそれだけで捻挫をしにくい身体になるし、バランス感覚も養われます。
元プロ野球選手の江川卓さんは小学生の時は佐久間町に住んでいて良く「水切り」をして遊んでいたということを何かの本で読んだことがあります。過去に小学生にこの水切りをやらせてみたら、思わぬ方向に石が飛んでいってびっくりした思い出があります。(その子は今は野球チームで中心選手としてがんばっていますが、その時は指へ石を引っかける感覚とか投げるタイミングとか分からなかったのでしょうね。)これを上手に成功させるには「石選び」も重要になってきますが、そういう感性や運動経験で自然に脳と身体が発達していくのだと思います。
絶対的な子どもの数が減ってきているのもありますが、外で活動する子どもがこんな田舎でも少なくなっているように感じます。「遊びの中で身体をつくる」とても大切なことだと思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1