顎関節の緊張

夜中に歯ぎしりをする方、食事の際に片方の歯ばかりで咬む癖のある方または咀嚼回数の少ない方、強いストレスを抱えている方は顎関節や首回りの筋肉を硬くしてしまっています
この形状に伴い、頭痛や肩こりの他、腰痛など身体全体のこわばりや痛みにつながっていくことがあります。これはヒトが動物である以上、摂食行動をおこさなければ生きていけないため、「噛む」ことに関してはとても頑丈な構造がつくられているからです。咀嚼に関わる筋肉は身体全体に影響を及ぼすほど、強靱なつくりになっているのです。昨日見たテレビでは、「小顔ツアー」と称して咀嚼筋周囲のマッサージをやっている場面が流れていました。
昨日お見えくださった男性の方も朝起きると身体がこわばっているとのことでしたので、①寝返りがうててますか?②睡眠時無呼吸症候群ではないですか?③歯ぎしりはありませんか?の3つの質問に③歯ぎしりが該当しました。ですので、顎関節の調整を行い首までの筋肉の緩解をしたところ、身体がすっと楽になったことを感じて頂けました。
歯ぎしりは噛み合わせや歯並びなどの口腔外科での治療が対象となるもの、ストレスが原因でその環境やご自身の内的対応を変えていかなくてはならないものもありますが、筋肉や顎関節の調整で変わっていくものもあります。
いずれにせよ強く咬む癖など顎から頸部周辺を硬くすることは身体に大きな悪影響を与えますので、改善していかなくてはいけません。また、頭痛や肩こりでお悩みの方は、頸部周辺の筋肉が硬直していないかどうかを触ってみて確認をして頂くと良いかと思います。筋肉の緊張が感じられるのであれば、その部分の改善により症状の緩和が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1