足首のサポーター

バレーボールやバスケットボールなど、主に室内競技のジャンプをするスポーツの子たちががっちりとした足首サポーターをしている光景を見かけます。
捻挫復帰から間もない時に再捻挫をしないために予防のためにやっている場合なら良いと思うのですが、それが常になってしまうとどうかな?と見ています。もちろん、捻挫によるケガを複数回していて精神的不安要素を取り除くという意味もあるでしょうから一概には言えませんが、足首を固めてしまうことの弊害も考えなくてはいけないと思っています。
足首が固定されると、本来足首で吸収するショックは膝や股関節に分散されます。よって、足首以外の部分の痛みを感じるようになったり、パフォーマンスの低下を招く恐れがあります。
一般的に言う「捻挫癖」がある人はやはり動きや荷重に問題があります。この辺りを調整していくと身体の感じが変わるのです。もちろん、研究が進みかなり質の高い商品が出回っていますので、否定はできませんが、そういう視点で身体を見つめてみるということも大切だと考えています。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1