筋間中隔

当院では、筋肉の調整により様々な痛みや不具合を解決しています。

「筋間中隔」聞き慣れない名称かと思いますが、肩の痛みや坐骨神経痛などのしびれなどに重要なポイントとなるところなのですが、脚部(大腿・下腿)、上腕(肘より上)の部分に存在します。

言葉で説明すると、上腕部・大腿部・下腿部において、骨と筋膜に付着して、それぞれの筋群をグループ分けをする様に区切る筋群を隔てている結合組織となるのですが、要は筋肉と筋肉の境目なのです。

そんな部分なんて至る所にあるじゃん!と思われるかもしれませんが、腕や足は狭いエリアの中に伸筋と屈筋という全く逆の作用をする筋肉が存在しているのです。お互いの働きをじゃましないようにしている壁のようなものと考えれば良いでしょうか?(昔住んでいた安アパート。とりあえず壁があるからプライベートは守られていた。みたいな(笑)

話はそれましたが・・・真逆の動きをするわけですから、その部分にかかるストレスは相当なもので、滑走不全が生じやすい部分なのですね。ですので、この部分の硬さをとっていくと繋がっていく部分の痛みや重さが楽になるのです。

場所さえ分かってしまえば、調整方法は難しくないので、ポイントと調整方法をお伝えしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1