多くの筋肉を使う

身体が悪くなっていく傾向のひとつに「関節可動域が小さくなる」ことがあげられます。簡単に言えば、「動きが小さくなる」ということですね。

ものを持ち上げる、洗濯物を干す、歩くなどの日常の何気ない動作でも、どれだけ多くの筋肉を動員できているかで身体への負担が変わってきます。もちろん、余分な動作は必要ないのですが、小さい動きで少ない筋肉で動作すると、使う筋肉と使わない筋肉の二極化が起こります。使いすぎる筋肉は疲労で悪くなりますし、使わない筋肉も動かしていないので硬くなってしまいます。

ある動作で必要な筋肉がバランス良く使われて、少しずつの負担で動作が行われるのがベストです。そのために関節の必要な可動域があるということが重要になってきます。

よくある話なんですが、「肩を動かすために良く回しているよ」と仰る方も、動作を確認してみると肩甲骨や鎖骨が動いてなくて無理に肩関節に負担をかけているだけということもしばしばです。そうなると返ってその動作はしない方が良いということになってしまいますね。

正しい動かし方を認識して動作をすることが重要です。コツが分かれば全然難しいことではないですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
ネット予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1