天使のはね

大きく腕を動かすと、強い衝撃痛が現れる女性の方の施術。痛む場所も角度によって違い、腕の上部、前・中間・後ろも痛い。筋膜のルート的にも単純な構造ではないことが問診の状態で推測できます。

アナトミートレインの筋膜のつながりを参考に整体を行うのですが、検査で一番変化の大きかった後面に対しての施術を行い、痛みのレベルが落ちたところで次は前ルート・・・。このような痛みの場合は、どの部分の筋肉も良い状態ではないので、少しずつ軽くなる様に細かく注意してやっていきます。

何とか激痛がおさまったところで、ガチガチの肩甲骨に対しての調整。肩甲胸郭関節に指が入るように動きを回復させたら、「天使のはねが動いた!」と喜んでくださったと同時にほほ痛みは消失しました。天使のはね。そういえばそんなCMがありましたね。肩甲骨は背骨に対して浮くような位置に存在しています。関節している骨も鎖骨のみと非常に自由度の高い骨でもあります。ですので、動きが少ない状態というのは異常事態で当然どこかに不具合が生じてしまうのですね。

当院では肩甲骨の動きを取り戻す自己整体法もお伝えしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1