結帯動作

腰の後ろに手を回して帯を締める動作を「結帯動作」と言います。

その動作をすると肩の付け根の前がズキッとする、もしくは肩の後面が痛いという方を何人も診てきました。女性の方は下着の脱着動作もあるのでこの動作は生活する上でとても重要ですね。

この不具合を解決するのに、上腕三頭筋の調整をするのが有効なのですが、烏口上腕靱帯周辺の結合組織へのアプローチも改善率が高いことが分かってきました。

肩関節は人体の中で最も可動が大きい関節です。「球関節」なので、360°いろいろな方向に動かせるのですね。因みに2番目に動きが大きい関節はどこか分かりますか?「臼関節」である股関節ですね。肩関節と似たような構造になっていますが、少し深く関節しています。

また、結帯動作をし、そのまま背中に沿って上へ上へと手を這わせていくと身体に効く良いストレッチとなりますし、そのような対策が四十肩などにならないようにする予防策となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
ネット予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1