2月の身体

2月にご来院いただいた方を振り返ると、通常の時期とは違う2つの特徴があったように感じます。

1つは寒いことによる強い筋肉の硬直が特に背面の大きな筋肉群でみられた方がとても多かったことです。寒い時は筋肉を震わせて発熱させる自然の反応ができるようになっています。男性がおしっこをした後に震えるのもそうですね。筋肉を収縮させる動きが多かったことに起因するものと思われます。

もう1つは急性腰痛(ぎっくり腰)の方の割合が多かったことです。季節の変わり目は、身体の反応が強く出るので、春と秋は必然的に多くなるようですが、そのような疲れ+身体の変化時期の不安定な時に気をつけたいのは、身体の力の入らないところでものを操作しないということです。意外かもしれませんが、例えば運転席から左後ろに手を伸ばして物をとるなどはNGで、これも急性腰痛を引き起こす原因となります。

身体の正面の腕がついている幅までの場所が力の入るポイントです。身体の状態が良くないときは、どんなに軽い物でもその範囲内でとる。横着しないで足を動かし身体を移動させて動作をするというのが大切なんですね。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1