手首の動き

肩が痛くて大きく動かせないという男性の方がお見えになりました。特に腕を上げる動作と後ろにもっていく動作で痛みとロックがかかるような感じになるとのことでした。

上腕三頭筋の筋肉が強く緊張していましたので、その部分の改善を行うと強い痛みは消失。しかし可動域は変わりません・・・。再度原因となっている部分を検査していたところ、前腕尺骨(小指側)沿いにも強い筋肉の硬結がありました。その部分を緩めて手首の可動域を改善していったところ可動域がグンと上がり驚かれていらっしゃいました。

末端の硬直により体幹部に異常がでてしまうことは足部でも同様にあります。特に手は器用に動いてしまう分、同じ動作の繰り返しなど、こき使いすぎてガチガチになってしまうことがとても多いです。それでも、お仕事の動きを変えていくというのは難しいことだと思われますので、1日のやるべき事が終わった後はこまめにケアをしていくしかありません。筋肉へのアプローチの方法と体操法をお伝えして実践していただくようにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1