鎖骨の不思議

鎖骨は胎生期に最初に骨化する骨であり、また大人になるまでに硬骨化するのが最も遅い部類の骨だそうです。ですので、子どもの頃の鎖骨骨折って多いんですね。また、他の哺乳類はヒトほど鎖骨は発達しておらず、人が人として活動するのに特徴的な骨のひとつであるといえます。

手を自由に動かすことができるようになったのは、鎖骨が発達したからですね。腕のいろいろな運動で鎖骨が大きく動きます。だからこそ、鎖骨の動きがなくなってしまうと腕や首付近にいろいろなトラブルが起きてきてしまいます。

先日も知人が寝違えて首を左に向けなくなったというので状態をチェックしたところ、右鎖骨周辺にズレがありましたので腕神経叢が束ねている付近の筋肉を調整したところ、検査を含め3分ほどで解決できました。お客さんで来ていただいたときは、その後全身のバランスをとるんですが、主症状が解決できたのでそれで終了です(^_^)

この他、鎖骨の動きを取り戻すと腕が動きやすくなったり、首を動かす範囲が大きくなったりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1