膝とハムストリングス

このブログでも何回かお伝えしていますが、膝が痛いという時、膝の関節内の何かが原因で傷んでいることは殆どありません。

昨日も膝の内側が痛く、整形外科では軟骨がすり減っているからだと言われ、ヒアルロン酸をうっているが3か月ほど経過してもちっとも良くならないという方がお見えになりました。

当然、足全体が強い緊張をしています。変化が大きかったポイントは足先のこわばりを解いた施術とハムストリングスへの位置調整でした。太腿の裏には、内側に半腱様筋と半膜様筋、外側は大腿二頭筋という大きな筋肉がついています。総称してハムストリングスというのですが、内側が痛い場合は半腱半膜様筋を外側が痛い場合は大腿二頭筋を中央に寄せるような形で圧を加えてあげると、膝の曲げ伸ばしが楽になったということが圧倒的に多いのです。

人の身体は千差万別で傷んだ過程も様々なので、必ず良くなるというわけではないですが、この方法は多くの方で効果が認められています。触るポイントや角度、圧の加え方で大きく違ってきますので、コツを得ないと難しい部分もありますが、クライアントさんに覚えていただいて、自己整体法としてお伝えしております。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1