肩の動きが悪い

最近、急に肩が痛くなったと仰るクライアントさんが多いので、そのことについて触れてみます。

痛くなる場所、痛くなる動作は様々。肩の付け根、鎖骨付近、肩甲骨辺り、首など・・・。施術する際は、まず大まかに前側の痛みか後ろ側の痛みかを確認します。前側の痛みであれば、母指から橈骨~屈筋群~胸筋ライン、後ろ側の痛みであれば、小指から尺骨~伸筋群~肩甲骨ラインのどこかにエラーがないかを探ります。

よくあるパターンのひとつは、手指の無理な使いすぎで、手背が硬くなっていたり、手首の動きが小さくなっていることが多いです。このエラーに対しては手指の筋肉の緩解の他、前腕の筋肉を調整することで解決することが多いです。また、強度な痛みを呈している場合は、肩甲骨と鎖骨の動きがない場合が殆どで、無理に肩関節のみを使って動かしているような感じになっています。その場合には、周囲の筋肉の動きを滑らかにし、鎖骨・肩甲骨の動きを取り戻す整体を行います。

普段の無意識での使い方で悪くなっていますので、再発予防していただくようお身体に合った自己整体法をお伝えしています。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1