膝痛と腓骨

急に膝が痛くなって、曲げる動作、階段の昇降、力をかけると痛いという女性の方がご来院くださいました。

寝た姿勢では膝の屈曲もある程度まででき、痛みが軽減されます。立位での検査を行った結果、腓骨にかかる力の具合で痛みが軽減することが確認されました。

体重のかかり方、重心のかけ方が崩れると、それに伴い身体は様々な反応を示します。肩こりが発症することもあります。こちらの方は外側へ体重がかかるように崩れていらっしゃいました。

足首の可動回復、アナトミートレインでいうラテラルラインの緊張をとり、腓骨への力のかかり方を変える自己整体をお伝えすると、だいぶ痛みが和らいだとお伝えくださいました。このように外側に体重がかかる方は内転筋群が硬いことが多く、検査の結果もこの傾向が出ていらっしゃいましたので、内ももを伸ばすストレッチもお伝えしてやっていただくことにしました。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1