柔軟性と怪我

良く聞かれる質問で「身体が柔らかい方が怪我しにくいですか?」というものがあります。答えをいうと、“傾向として”身体が柔らかい方が硬い人よりも怪我しにくい場合が多いという位でしょうか。身体が柔らかくても怪我をしてしまう人もいます。

これは怪我については、突発的な衝撃等による刺激に対してまともに対抗してしまって身体を壊すパターンです。私が教えているバレーチームの選手がネット越しに相手の足が入って捻挫をしたのですが、とっさの判断で衝撃を受けない動作をしたところ軽度のもので済み、その週の後半には練習に参加できました。本来なら2週間くらいはできなかったと思います。

もう一つ、慢性的な疲労による怪我の場合は、余計な力みがそれを増長することが多いです。ですので、身体が柔らかくても余計な力が入って動作を行った場合、怪我に繋がりやすいということです。身体が柔らかければ、可動性の確保という観点で余計な力みは生みにくいとも考えられます。

という観点から、身体の柔軟性と怪我というのは本来は関係がないものの、“傾向として”そうなるといえるのではないかと思います。スポーツのパフォーマンスについても然りですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1