関節の可動域制限

急激に変化したものは自覚できるのですが、徐々に変化しているものは気づきにくいものです。

腰痛で初めてお見えになった女性の方が調整後良くなったと喜んでくださったのですが、どうしても肩の位置などが気になったので、肩を上げてみてくださいと動作確認をすると、上腕が耳につくかつかないかくらいまでの角度しか上がらないのですね。痛みはなく、こんなもんだと思っていらっしゃったそうで・・・。

検査をしたところ腕神経叢と肩甲骨外縁への刺激で変化が見られることが分かりました。調整すると「えっ!!?あがった??」

このように関節の可動域が少しずつ小さくなっていくのは、何らかのエラーがあるからです。関節の可動域が小さいということは、ある一定の筋肉ばかりが使われることになり、それはやがて痛みを伴うようになってしまいます。痛みがなくても動きずらさ・可動域の制限を感じた場合は早めの対処をすることで簡単に改善が見られますし、酷いことにはなりません。

毎日のことって分かりづらいですけど、何か変かな?と思ったらご自身の身体に気を遣うことが大切です。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1