体重のかけ方と大転子

何か強い動きや衝突などが起きたわけではないのに朝起きたら身体に痛みが出たということはよくあります。痛みの箇所は肩、腰、膝・・・人によって様々です。

腰痛が出てしまった場合の多くのパターンのひとつとして股関節の癒着があります。体重のかかり方(重心の位置)が悪く、そういう方は歩いているだけで身体を悪くしてしまっているケースさえもあります。

その傾向の場合は簡単にできる対策のひとつとして、大転子(足の付け根、大腿骨の出っ張りの部分)の付近の結合組織の操作で良くなることが多いです。この部分を使って脚やせと掲載しているサイトも多いですね。それくらい大きな影響を与えられる場所でもあるということです。

大転子部分を斜め下から押し上げると楽になることもありますし、後面の縁をマッサージして良くなる場合もあります。多くの方で効果がみられるとは思いますが、人の身体は千差万別。必ず当てはまるというわけではありませんので、ちょっとやってみて効果が出ない場合は別の原因と考え無理はしないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
ネット予約はコチラ
営業時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1