肩甲下筋

あまり聞かない筋肉の名称かもしれませんが、肩こりなど肩周囲の異常に効く筋肉の1つです。

肩甲骨の前側についている筋肉なので、触わるためには脇から手を入れて肩甲骨を挟むようにして外側にタッチするか結帯動作(手を背面につけるようにして後ろに回す)から内側から手を差し入れて内側にタッチするしか方法がありません。

中々触れることが難しい筋肉ですが、ここが強いコリを呈している場合が多く、緩めてあげることで大きく改善する場合もあります。また、強い肩こりや猫背の方は、そもそも内側から指なんて入る隙間がないよということも多いです。肩甲骨の「浮き」が無くなってしまっているのですね。

肩甲骨は身体を支えているような構造をしていません。骨格から見て、関節しているのは鎖骨のみです。しかし、この骨が存在している意味があるのですね。支えるというのではなく、動かすという意味で。似たような構造の骨に「膝蓋骨(膝のお皿)」があります。身体には不要な部分はありませんので、それぞれの器官が十分な動きができるようにすることが身体の調子を維持していくために必要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1