動かしてなおす

身体のどこかが痛い時、西洋医学的には「安静治療」。休ませることで回復をさせようという手段をとることが多いと思います。しかし、実は「休ませて」いる間、細胞レベルでは、炎症反応という活動が起きていて組織を修復しています。

症状や痛みが発生した原因にもよりますが、例えば筋肉由来の痛みの場合は、筋肉の滑走性(滑り込み)を高めることで殆どの痛みが軽快します。滑走性を高めるためにどうしたら良いかというと、痛みが発生している部分の筋膜のつながりをみていくと必ず重積をおこしている部分がありますので、そこに正しい方向で適度な圧を加えると筋肉が反応して緩むのですね。そしてその状態で痛かった動きをすると軽くなっています。それが確認できたらその筋肉に関する運動をする(例えば屈伸など)と筋肉の動きが変わって痛みが改善するのです。

当院での痛みの緩和の施術の1パターンなのですが、この方法で改善する場合はご自身でもやっていただけるように覚えていただいて、早期の完全治癒を目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1