捻挫と腓骨の高さ

腓骨

治療家さん向けのブログです。

捻挫をしちゃって・・・でも、大会が近いから何とかしたい。という熱心な学生さんのご来院が多いです。本来なら、正しい形に修復をしてしばらく休んでいただくのがベストではありますが、程度にもよりますが、その後のケアも怠らず注意をしていくことを条件に、痛みが感じないように、また可動域が広がるように調整していきます。

まずは筋肉の状態を変えていくのですが、痛みを訴えている部分は触らないで調整を試みます。指のこわばりを改善したり、足底の筋肉にアプローチしたりしても状態は変わっていきます。また、足首の外くるぶしの高さを左右で見比べてください。捻挫した方の足のくるぶしが下がっているようであれば、腓骨頭から力を加えて腓骨の位置調整をすることによって痛みが改善することもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
ネット予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1