起震車体験

8月12日に町内の防災訓練があり、スモーク体験、AED講習会、起震車体験が実施されました。

起震車は県内に三台しかないそうです。人工地震体験は今回で二回目の経験でした。震度7を想定した揺れを体験させていただいたわけですが、ものすごい揺れであることを認識したのはいうまでもありません。もう1つ気づきがあったのは足で踏ん張らない方が揺れの衝撃を受けにくいということです。

以前、骨ストレッチの松村先生の講習を受けに行った時、「居着かない」という概念を学びました。この体験でも、「怖い」「倒れないように力を入れる」などの心情や行動が身体を硬くし、「両手でつかんでいても立っているのがやっと(体験者感想)」という感覚になります。しかし、私は片手で手すりを軽くつかんでいただけで、ひどい揺れには違いありませんが、立っていられない感覚はありませんでした。地面との関わりと脱力による身体の使い方がそうさせたのだと思います。

人間の身体は竹のようなしなやかさが必要であると考えています。余分なところの筋肉を使ってしまうと硬くなり、しなやかさや動きのスピードがダウンします。外界からの刺激を上手に逃がしてどのようにして外側に力を伝えていくか?これからも深めていきたい身体の使い方のテーマです。貴重な体験でした(^^)

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1