サポーター

中・高校生は新チームになって初めての大会、新人大会が行われる季節となりました。

前回のブログで足首のお話しを載せましたが、バレーボール競技などで足首のサポーターをするという選手を見かけることが多いです。捻挫を再発予防としてつける子が多いと思います。捻挫の修復期間で不安定な状態だからというのであれば、テーピングかもしくはその併用で保護することは絶対に必要かと思いますが、何となくやっているというのでは、一考が必要です。もちろん、ジャンプ力があり、着地に相当量の力がかかるため、つけた方が断然メリットがあるというのが実証されていれば別ですが・・・。

足首のサポーターというのは、「固定」を目的としたものです。足首を固定するということは、その部分を動きにくくするということ。つまり、足首で受けるはずの衝撃は膝や股関節に逃がすという構図になります。ですので、足首を固定した場合には、特に膝関節への負担が大きくなるということを理解して対応していかなくてはいけません。例えば、運動後の膝へのストレッチやケアを入念に行うということですね。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1