肩甲骨は腕を動かすためにある

肩甲骨は肋骨の上に「乗っかる」ように位置されいてます。ですので、他の骨とくっついて骨格を形成している形ではありません。唯一、鎖骨と関節しています。

一見、構造上は骨の重要な役割である「支える」こともしていないように見えますが、筋肉との張力で身体を支える大きな役割を果たすとともに、ダイナミックな腕の動きをつくるための鍵となる骨なのです。

ゆえに、肩甲骨の内側である肩甲胸郭関節が硬くなると、肩こりになりやすく腕の動きも小さくなります。また、スポーツや芸術においても肩甲骨を使っていない肩関節からの動きはパフォーマンスを下げてしまいます。

当院では肩甲骨を動かすための施術や体操、自己整体法を、いろいろな表れに対して個々でベストな方法を選択できるよう研究してきました。慢性の肩こりでお悩みの方、スポーツなどで肩甲骨を上手に使いたいと考えている方、最近腕の動きが悪くなってきたと感じている方はぜひご相談ください。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1