二極化

よくない例えでしばしば出てくる言葉ですが、身体にも悪い状態の時はこれが起きていると考えています。

身体の状態が悪い方の特徴の一つに、動作が小さいという共通点が見られます。例えば、腕の上がる範囲が低くなったとか、身体の捻る範囲が小さくなったとか、股関節の動きが悪いなど・・・。

いわば関節の動きが小さいという状態ですが、関節の動きが小さい=動員される筋肉が少ないといえます。こうなると、使われる筋肉は散々酷使されるけれど、使われない筋肉は殆ど使われないという「二極化」が起こります。それで身体の本来の動きができず、おかしくなってしまうのですね。

関節の可動域は自己整体やストレッチで回復していくことができます。当院では、積極的な運動で身体を良くしていくことを推奨し、個々に合った方法をお伝えしております。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1