腕が痛い方への施術順

腕が痛くて動かせないほどの重症の方への施術は順番があります。肩関節は非常に動く範囲が広いので筋肉の走行が様々であるために1つ1つ確認して回復させていく必要があります。

当院では肩関節は大きく3つの方向(屈曲:手を前に挙げる動作、伸展(後ろにひく動作)&結帯(後ろで帯を締めるような動作)、外転(横からあげていく動作)に分けて動きの評価をし、できない動作の中で最初に取り戻したい動きの調整から入っていきます。これは経験上、全てを一度に良くしようとしても筋肉の走行が違うため返って堂々巡りになり全体の回復を遅らせてしまうからです。例えば、主婦の方で洗濯物を派すことに苦痛を感じていらっしゃる方には屈曲の動きの獲得をドライバーの方で後ろのものをとるなどの動きの痛みをとりたいという方には伸展を前方向にはまあまあ上がるけど横からは手が上がらないからどうにかしたいという方には外転の動きの獲得を最優先して施術させていただき、それが安定したら次、というように施術させていただいております。

四十肩・五十肩は長い方は3年の回復期間がかかるともいわれていますが、正しい調整を行えばどんどん身体が変わっていきますので、お悩みの方はぜひご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1