ジャンパーズ・ニー

スポーツをがんばっていて膝の痛みを抱えている方。お医者さんでジャンパーズ・ニーと診断されるケースがよくあります。「僕はリベロで殆どジャンプしないんですけど、ジャンパーズ・ニーって言われました。」という笑い話もありますが、症状名に囚われてしまうより、どの部分がどういう動きで痛いかを確認してその対応をしていけば痛みは和らぎます。

先日はバスケットをしていてジャンパーズ・ニーの診断を受けている学生さんがお見えになりました。両膝膝蓋骨のすぐ下が痛いのと右膝の内側が痛い症状。どちらも屈伸時とジャンプの踏切で痛いとのことです。
膝蓋骨のすぐ下の痛みは大腿四頭筋群を伸ばすことで、内側の痛みは内転筋群の緩解と臀部と大腿外側(アナトミートレインでいうラテラル・ライン)を伸ばすことで解決できました。

膝下の痛みと内側の痛みは原因が違うということですね。それぞれの今後の自己整体法をお伝えして終了です。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1