骨際の筋肉

慢性化した症状、痛みだけでなく可動域制限がかかってしまっているような症状の時は、深部の筋肉がエラーを起こしている場合が多いです。

特に骨に付着しているような筋肉、この周辺に異常を起こしている箇所を指先で感じます。この部分が改善されるように動かしていくことで症状が改善されていきます。

筋肉は端の腱の部分で骨と接しているわけですが、“腱引き”といわれる特徴的な技術の由来はこういうことかなぁと思うこともあります。

変化量が多い部分なので、慎重に必要な部分のみを動かして改善を図ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1