仏像から見る身体の使い方

仏像からは何か威厳を感じ、またその姿はきれいで洗練されたものを感じます。また、とっている姿勢(手の形や座り方など)には意味があるそうです。

例えば、座禅をする時の結跏趺坐。身体が硬い私は半跏趺坐しかできませんが、これは腓骨の良いストレッチになります。

また、手の形で身体を緩めたり、力が上手に伝わるようになったりするそうです。

美しい姿勢は、見た目に良いだけでなく、身体のもっている力を発揮しやすくするという効果もあります。

もっと研究して具体的にお伝えできるようにしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1