脳に認識させる

「肩が痛くて腕が上がらない」
「膝が痛くて正座ができない」
など、動きの制限が伴っている痛みは、関節の可動範囲が広がることを認識させることで痛みが軽減します。

脳に「ここまでは動いても大丈夫だよ」ということを認識させるのです。
筋肉の緊張している部分を押さえて動きをつくる方法がありますし、脱力した状態で補助をしながら可動域を広げていく方法もあります。また、等張性収縮を利用して(筋整流法では剛引きという昔から分かっていた方法です)動かしやすくすることもできます。

身体は脳が支配しているからこそ、脳の認識を変えるアプローチで痛みの度合いを変えることができます。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1