原因を探っていくと・・・

腰を痛めた野球少年。整形外科の診断では、「腰椎分離・すべり症」とたいそうな診断名がつきました。症状は少し反るだけで痛い。

良く「この腰痛はどこからきてますかねぇ・・・?」などと質問を受けますが、基本的にはどこからというものではなく、身体全体の崩れから痛みは発症しているものと考えています。

しかし、こちらのがんばる野球少年は、ここがポイントになるだろうという身体の特徴がありました。右肩が前に出てきてしまい、それに伴い骨盤も右が前に出る形が通常になっています。肩甲骨も硬いことから、ストレッチポールを利用した肩を開く運動をしてもらうと大きく痛みが改善しました。

スポーツのように繰り返し同じ動作を何度も訓練するような動きに対しては、身体の特徴を掴んで、その歪みに対する補正をすることで痛みという身体の警告音を和らげることもできます。こちらのお子さんには脱力をして行う方法を体得してもらい続けて頂くようお伝えしました。

今日明日は娘のインターハイ予選の応援で日中留守電になっている時間帯がございますが、ご了承ください。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1