子どもの身体の観察

前回は野球少年の話題を取り上げましたが、小学生の野球をやっているお子さんの陥りやすい特徴というものがあります。

特にピッチャーをしている子ですが、高学年になると筋肉がついてきて球も速くなるものですから、上半身の力に頼って投げるという癖がつくことが多いです。本来なら下半身から力を生み出して股関節を使い背骨との連動を上手く生かして末端へと力を伝えたいのですが、その感覚が体得できていないことと、下半身が上半身に比べ筋力がついてきていない場合が多く正しい形で運動が行われていないことが多いのです。

指導者との連携を取って正しいフォームを身につけさせてあげることと、走るなどの下半身のトレーニングを行うよう理解させることを親としては教えてあげたいところですね。

明日は長野へ出張施術に行くことと水の研究をしてきますので、お休みを頂きます。
 

 

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1