肩甲骨の内側

 「肩のこりが酷い」と仰る方で肩甲骨の内側が・・・を訴える方がとても多いです。特に内縁の上、上角と呼ばれる部分が大変に硬くなっています。

 筋肉は収縮することによって関節を可動させるのですが、その関節の可動を伴い、別の筋肉は伸ばされてストレッチされます。単純に縮んだ反対側の筋肉は伸ばされるので、関節が大きく動くこと自体がストレッチの作用もあるわけです。ですので、関節の動きが小さくなってしまうことは、筋肉を硬くしてしまうことにつながっていきます。そして、全体の動きが小さくなる。これでは悪循環です。

 関節の動きが悪くなってくるのは少しずつなので気づきにくいです。ですから、普段から簡単な体操をして大きく身体を動かす意識をもつことは健康な身体づくりに欠かせません。当院では、各個人のお身体に合った体操を見つけてお伝えしております。ご興味のある方はぜひお声かけください。

あき整体院

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1