腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

「ヘルニア」とは簡単に言うと、「臓器が軟らかい部分からはみ出した」ものを言います。腰に出るヘルニアは腰椎の間の椎間板というクッションの役目をする軟らかい部分に亀裂が生じ、中の髄核が飛び出た状態を言います。

この飛び出したものが神経を圧迫することによって、腰や臀部に痛みやしびれ、足に力が入りにくいという症状が現れるとされています。また、継続した痛みのために身体を歪ませて活動するために、疼痛性側彎を伴うこともあります。

メディカルイラスト図鑑より引用

当院の整体術

腰痛椎間板ヘルニア 腰部背面の神経図

MRI画像診断というすばらしい機械が発明され、飛び出した髄核が神経に触れている画像が鮮明に映し出され、「痛みの原因はまさしくこれだ!」と言いたくなるところですが、整形外科のお医者様の中でも、ヘルニアは痛みの原因ではないとおっしゃる方もいれば、手術をしても痛みが再発するという事実もあります。問題は、ヘルニアが生じてしまう原因な何か!ということです。

腰部は大きな力のかかる部分ですので、上半身からも下半身からもストレスを受けます。そして、腰椎は5個の椎骨から構成されていますが、上部の胸椎と違って肋骨を伴わないので、大きく動くことのできる部分であり、そのことから考えてもさらに大きな力が加わりやすい部分です。(首の骨=頸椎にも同じ事がいえますね)仙骨部分も考えると、骨と骨の間の椎間板(軟らかい部分)は6カ所になり、下部に生じることが多いのですが、出る場所によってもストレスの原因となる部分は様々です。

腰痛の原因は千差万別で、ヘルニアにはこの方法!という簡単に結論づけられる施術はありません。基本的には土台である脚部の状態からの調整になりますが、ストレスのかかっている部分が肋間や側腹部であることもしばしばです。また、肩甲骨と骨盤の連動性を正していく場合もあります。身体全体の状態を判断し、余分な力の加わっている部分の調整、姿勢の改善などを行い痛みを緩和していきます

team Lab Bodyより 骨盤付近の骨と神経

痛みの正体は血液循環の不良

痛みの悪循環

元来、痛みを感じるというのは生きていく上で有用な機能です。身体にとって危険な刺激に対して感覚神経を通じて脳に情報を出すことにより、痛みを回避する行動をとります(オレンジの矢印)。

しかし、不要な痛みもあります。その一つが慢性痛などの不快な痛みの継続です。青い矢印のサイクルで示されるように、痛みの原因がない状態で、悪循環が引き起こされて痛みが継続する場合があるのです。

感覚神経からの情報を受けて運動神経、交感神経ともに興奮をします。そうすると筋肉の緊張が起こり、血管が収縮します。これらはともに血液循環の減少を招きます。血液量が減れば酸素の供給量が減りますので、各細胞は息苦しくなるわけです。そのため、何とか血管を広げて血液の量を増やそうとする働きが起こりますが、これが炎症になっていくわけです。また、炎症反応では、痛みを感じる物質、痛みを増強させる物質が発生しますので、炎症が起こると痛みを感じるようになるのです。

そして、炎症による痛みが元になり、感覚神経を刺激して再び痛みの悪循環がつくられます。これが慢性痛の起こる1つの要素です。

メディカルフリーイラスト図鑑より引用

筋肉は縮んでも伸ばされても緊張する

筋肉の緊張

「痛みの考えかた」南江堂より引用

同じ姿勢を続けていると痛みが増強します。ずっと下を向いていれば首が痛くなりますし、イスに座って長時間デスクワークをしていると腰が痛くなります(aのパターン)。また、同じ動作の繰り返しでも痛みが発生します。重いものを持ったり鍬で作業をしたり、様々な力仕事がこれにあたります(bのパターン)。

簡単にまとめるとこのようになります。

筋緊張

なぜ筋肉が緊張するのか?

筋肉は伸ばされると切れないようにとっさに縮む性質があります。この反応の鍵を握るのが筋肉内にある「筋紡錘」と「ゴルジ腱紡錘」という2つのセンサーです。筋紡錘は筋肉の長さを感知し、ゴルジ腱紡錘は筋肉の張力を感知して脳に知らせます。一定の長さや張力がかかると脳に情報が送られ、すぐさま運動神経を通じて「縮め!」の命令が下ります。これを伸張反射と呼びます。このときに伸ばしている力と縮もうとする力の膠着状態が出来ます。腕相撲でお互いの力が拮抗して動かない状態に似ています。これがずっと続くと痛くなるし、こってくることがイメージできると思います。

伸張反射により筋肉が収縮しようとしているのに短くならないと緊張が高まります。筋紡錘・ゴルジ腱紡錘からの信号が多くなるとこの状態が強くなってしまうのです。

筋紡錘

筋紡錘の図 「痛みの考えかた」南江堂より引用

急性痛にも慢性痛にも効果のある整体術

奉身塾での学びの様子

今までたくさんの療法を学び、たくさんの方のお身体を診させて頂いて、症状に応じた様々な整体を行うことができるようになりました。

急性痛には主に「腱引き」「古武術活法」を用い、慢性痛には「健昴会整体術」「JPR協会の筋膜調整」「ストレッチ法」、パフォーマンスの向上に「奉身塾」の身体調整法を用いるなど、その時のお身体の状態に合わせて最も効果の出る施術を行っておりますそのため、あらゆる症状に効果が出る整体法となっております。(写真は「奉身塾」での学びの様子です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1