肩こり

肩こりと日本人

肩こり

肩こりは厚生労働省による国民生活基礎調査(2015年度)における有訴率で男性の2位、女性の1位を占める症状です(Wikipediaより)。きまじめな日本人は肩こり体質が多いようです。

首から肩にかけての張り感や重苦しさ、酷くなると頭痛や吐き気を伴います。

肩こりを引き起こす要因は、姿勢の悪さやバッグの肩掛けやリュックをずっと背負っているなどの筋肉を収縮させた形の継続、デスクワークなどの単純作業の継続、精神的なストレスなど様々な原因が挙げられます。

筋肉が収縮した状態では毛細血管が圧迫されて血液循環の不良が起こります。そうなると各細胞への酸素や栄養素の運搬が不十分になり、各細胞から出される不要物の排出も滞ってしまいます。ですので、各細胞からの危険信号として痛みやコリが発せられるのです。

肩もみをしてもらうとその部分の血流が改善されるため、気持ちよくなり一時的に不快な症状は軽減されます。しかし、肩もみでは酷い肩こりの解決には至りません。なぜならば、その部分に肩こりの原因はない!からです。

肩こりの原因は!?

肩こり

浜松は特に肩こりの症状を訴える方が多い地域だそうです。辛い症状を訴える方の殆どが慢性的になっている“〇年もの”となっている肩こりです。首の不調や頭痛を伴うことも多くあります。肩もみをしてもらうと一時的には良くなるが、すぐに元に戻ってしまうという方も多くいらっしゃいます。レントゲンで異常なし、飲み薬や湿布を処方されて様子見になることも多いです。

痛い肩にフォーカスしても解決はしません。肩甲骨や唯一関節している鎖骨の動きが悪かったり、手の使いすぎであったり、手首や肘の関節の動きが悪かったり、それに伴い血流不足が起きていたりと原因は人それぞれです。

手は最も繊細な動きができる部分ですが、何度も々動作を繰り返すなど力を入れなくても酷使することで身体を痛めているとは気づきにくいものです。また、パソコンやスマートフォンなどの普及によって手首や肘の関節が硬くなり負担を逃がしにくくなっている分が肩にかかることもあります。力仕事をする男性よりもデスクワークの方や女性に多いことからも推測ができると思います。

肩こりになりやすい人

  • デスクワークの時間が長い
  • スマホを触る時間が長い
  • キーボードを強く打つ傾向がある
  • バッグを片方の肩にかける習慣がある
  • 左右差がある偏った作業が多い

当院の整体術

肩こり(肩甲骨はがし)

肩こりを感じている範囲を確認し、身体全体の状態を把握します(視診)。肩の高さが違ったり、首が曲がっていたり、その他腰や足などに左右差などが認められれば、このことも要因となり得ます。次にどのような動きで痛みが増強されるのか?例えば、首を左に傾けると痛いとか腕を後ろにもっていくと張りが強くなるとか動きの制限が出ていないかなど(動診)。また、痛みが強くなる時間帯やどの様な作業をした後に酷くなるかなどをお伺いして(問診)、痛みの全体像をつかんでいきます。

次に指先からの上腕までの筋肉の状態必要があればその他関連する部分をチェックし、ストレスのかかっている部分の特定をします(触診)。

これら得られた情報をもとに、筋膜のつながりを考えて筋肉の緊張をとっていきます。当院の整体は痛みを感じる部分を触らずに改善することが多いのが特徴です!

肩こりは様々なパターンがありますが、多くは①手指の使いすぎや手首の固化による肩への負担増、②肘関節可動の異常による肩への負担増、③鎖骨にからむ関節の動きの異常、④肩甲骨の可動範囲の狭少による筋肉への負担、⑤後頭下筋群の異常な緊張など複合的な異常が原因であることが多いです。

それらの異常に対して、筋肉の緊張をとり、筋膜の滑走性を高め、スムーズに動けるように筋肉同士の連携を調整します。また、「腱引き」の調整法の代表の1つともいえる肩甲骨の引きはがしを行うことにより、肩に関係するの関節の可動域の改善や骨盤等との連携を正します。

施術によって改善は感じられますが、改善の強化・再発予防のため、ご自身に合った自己整体法をお伝えします。

team Lab Bodyより 背面の筋肉(中層)

肩こりに対する自己整体法のアイデア

肩のストレッチ

親指と人差し指の間を良くもんでみてください。(合谷というツボがある部分でもあります)。特に鋭いスジが確認されるような方はより丁寧に。

次に手首と前腕の骨である橈尺関節の可動域を高めていきます。ストレッチなどで手首や肘より先の動きが良くなるように動かしてみてください。

その後は前腕の骨沿いの筋肉の緊張緩和です。肩の前側に違和感がある場合は橈骨沿い(親指側の骨)の筋肉を指先方向につまむようにしてさすってください。後ろ側にある場合は尺骨沿い(小指側の骨)の筋肉を同じくさすります。

最後に背後で指と指を絡ませてから手の平を下方向に向けていくと肩甲骨の内側がしぼられてきます。最後に肩を回してみてください。

当ホームページにも動画を載せてありますので、ご参考になさって下さい。これで肩が軽くならない方、肩甲骨の内側のストレッチが硬すぎて不可能だった方は、どうぞご相談ください。必ず軽くなるように整体・ご助言致します。

痛みの正体は血液循環の不良

痛みの悪循環

元来、痛みを感じるというのは生きていく上で有用な機能です。身体にとって危険な刺激に対して感覚神経を通じて脳に情報を出すことにより、痛みを回避する行動をとります(オレンジの矢印)。

しかし、不要な痛みもあります。その一つが慢性痛などの不快な痛みの継続です。青い矢印のサイクルで示されるように、痛みの原因がない状態で、悪循環が引き起こされて痛みが継続する場合があるのです。

感覚神経からの情報を受けて運動神経、交感神経ともに興奮をします。そうすると筋肉の緊張が起こり、血管が収縮します。これらはともに血液循環の減少を招きます。血液量が減れば酸素の供給量が減りますので、各細胞は息苦しくなるわけです。そのため、何とか血管を広げて血液の量を増やそうとする働きが起こりますが、これが炎症になっていくわけです。また、炎症反応では、痛みを感じる物質、痛みを増強させる物質が発生しますので、炎症が起こると痛みを感じるようになるのです。

そして、炎症による痛みが元になり、感覚神経を刺激して再び痛みの悪循環がつくられます。これが慢性痛の起こる1つの要素です。

メディカルフリーイラスト図鑑より引用

筋肉は縮んでも伸ばされても緊張する

筋肉の緊張

「痛みの考えかた」南江堂より引用

同じ姿勢を続けていると痛みが増強します。ずっと下を向いていれば首が痛くなりますし、イスに座って長時間デスクワークをしていると腰が痛くなります(aのパターン)。また、同じ動作の繰り返しでも痛みが発生します。重いものを持ったり鍬で作業をしたり、様々な力仕事がこれにあたります(bのパターン)。

簡単にまとめるとこのようになります。

筋緊張

なぜ筋肉が緊張するのか?

筋肉は伸ばされると切れないようにとっさに縮む性質があります。この反応の鍵を握るのが筋肉内にある「筋紡錘」と「ゴルジ腱紡錘」という2つのセンサーです。筋紡錘は筋肉の長さを感知し、ゴルジ腱紡錘は筋肉の張力を感知して脳に知らせます。一定の長さや張力がかかると脳に情報が送られ、すぐさま運動神経を通じて「縮め!」の命令が下ります。これを伸張反射と呼びます。このときに伸ばしている力と縮もうとする力の膠着状態が出来ます。腕相撲でお互いの力が拮抗して動かない状態に似ています。これがずっと続くと痛くなるし、こってくることがイメージできると思います。

伸張反射により筋肉が収縮しようとしているのに短くならないと緊張が高まります。筋紡錘・ゴルジ腱紡錘からの信号が多くなるとこの状態が強くなってしまうのです。

筋紡錘

筋紡錘の図 「痛みの考えかた」南江堂より引用

急性痛にも慢性痛にも効果のある整体術

奉身塾での学びの様子

今までたくさんの療法を学び、たくさんの方のお身体を診させて頂いて、症状に応じた様々な整体を行うことができるようになりました。

急性痛には主に「腱引き」「古武術活法」を用い、慢性痛には「健昴会整体術」「JPR協会の筋膜調整」「ストレッチ法」、パフォーマンスの向上に「奉身塾」の身体調整法を用いるなど、その時のお身体の状態に合わせて最も効果の出る施術を行っておりますそのため、あらゆる症状に効果が出る整体法となっております。(写真は「奉身塾」での学びの様子です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1