四十肩・五十肩

四十肩・五十肩の症状

四十肩・五十肩

中年以上の肩のトラブルの一つである「四十肩・五十肩」は肩こりとは違った状態です。40代から60代にかけて起こることが多いので、このように呼ばれており、四十肩と五十肩の違いはありません。

特徴的な症状は「強い痛み」と「運動制限」です。急に痛みを感じるようになり、腕を動かせる範囲が極端に狭くなってしまいます。また、急性期と慢性期があり、急性期では強い痛みを感じ、寝る時も肩の置き場に困るというような状態になります。慢性期になると痛みは軽減しますが、自由に肩を動かせず生活に支障をきたします。

原因は明らかにされていませんが、人体で最も可動域の広い肩関節は組織が損傷または炎症を起こしやすく、疲労や緊張から起こる肩こりとは違うものです。40代後半から発症することが多いという特徴から、腱板の機能異常と腱板の変性や骨棘の発生などの要因も指摘されています。また、肩関節周辺の腱(腱板)の機能が低下した状態で肩を動かすことで起きる肩周囲の滑液胞の炎症が原因とされています。そのため、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

急に何かが変わったように感じますが、実際には少しずつ悪くなってきていて、たまたま何かの動きで強く発痛するものです。長いものでは3年間くらいその症状が続くとされています。

肩関節の特徴 ~最も自由度の高い球関節~

肩関節

肩関節は関節頭と関節窩がともに半球状をなすもので球関節と呼ばれ、様々な方向に動かせる自由度の高い関節です。ですので、幼少期に腕を引っ張られて肩が脱臼するということも起こりうるのです。

これと同じ構造の関節は股関節ですが、関節窩が深く、肩関節よりは運動の範囲が制限され臼状関節と呼ばれます。

可動域が大きいために筋肉への負担が大きく、筋肉の状態が良くなければ大きな摩擦が起こり筋組織を痛めてしまいます。整体施術では、筋肉の滑走性を高めていくことも重要な目的となります。

四十肩と五十肩のセルフチェック 

  • 肩がこわばっている
  • 肩を動かすと痛みを感じる
  • 腕を自由に動かしにくくなった
  • 着替えや整髪が困難になった
  • 腕を上げると痛むので電車の吊革をつかまなくなった
  • 腕を後ろに組もうとすると痛み、背中のファスナーに手が届かない
  • 寝返りをうつと肩が痛い

次のような症状が見られたら四十肩・五十肩の可能性があります。

                          ※ヘルスケア大学より引用

当院の整体術でどのように改善していくか

四十肩・五十肩 胸部の筋肉(深層)

どの部分に痛みがあるのか?動かせる方向とその角度を確認します。

急性期であれば、肋間や小胸筋など痛みの緩和ができるポイントを探してアプローチをしていきます。慢性期の場合は、どの動きに制限または痛みがあるかを判断し、手首や肘関節を緩めたり、緊張をしている筋肉にアプローチをしたりします。

整形外科で四十肩・五十肩と診断されるものには原因がはっきりしないものもあります。身体全体の疲労により、筋肉同士の連動がうまくいっておらず原因が肩そのものにないこともあります。急性期の「強い痛みは感じなくなったものの、上がらなくて洗濯物を干すのが大変」というような場合はそのパターンが多いのです。そのような時は、「脳にもう動かしても大丈夫だよ」という情報を筋肉を通した刺激によって伝える必要がありますので、有効な自己整体術やストレッチをお伝えし、徐々に可動域が広がるように取り組んで頂きます。

team Lab Bodyより 右胸部(大胸筋は取り除く)

痛みの正体は血液循環の不良

痛みの悪循環

元来、痛みを感じるというのは生きていく上で有用な機能です。身体にとって危険な刺激に対して感覚神経を通じて脳に情報を出すことにより、痛みを回避する行動をとります(オレンジの矢印)。

しかし、不要な痛みもあります。その一つが慢性痛などの不快な痛みの継続です。青い矢印のサイクルで示されるように、痛みの原因がない状態で、悪循環が引き起こされて痛みが継続する場合があるのです。

感覚神経からの情報を受けて運動神経、交感神経ともに興奮をします。そうすると筋肉の緊張が起こり、血管が収縮します。これらはともに血液循環の減少を招きます。血液量が減れば酸素の供給量が減りますので、各細胞は息苦しくなるわけです。そのため、何とか血管を広げて血液の量を増やそうとする働きが起こりますが、これが炎症になっていくわけです。また、炎症反応では、痛みを感じる物質、痛みを増強させる物質が発生しますので、炎症が起こると痛みを感じるようになるのです。

そして、炎症による痛みが元になり、感覚神経を刺激して再び痛みの悪循環がつくられます。これが慢性痛の起こる1つの要素です。

メディカルフリーイラスト図鑑より引用

筋肉は縮んでも伸ばされても緊張する

筋肉の緊張

「痛みの考えかた」南江堂より引用

同じ姿勢を続けていると痛みが増強します。ずっと下を向いていれば首が痛くなりますし、イスに座って長時間デスクワークをしていると腰が痛くなります(aのパターン)。また、同じ動作の繰り返しでも痛みが発生します。重いものを持ったり鍬で作業をしたり、様々な力仕事がこれにあたります(bのパターン)。

簡単にまとめるとこのようになります。

筋緊張

なぜ筋肉が緊張するのか?

筋肉は伸ばされると切れないようにとっさに縮む性質があります。この反応の鍵を握るのが筋肉内にある「筋紡錘」と「ゴルジ腱紡錘」という2つのセンサーです。筋紡錘は筋肉の長さを感知し、ゴルジ腱紡錘は筋肉の張力を感知して脳に知らせます。一定の長さや張力がかかると脳に情報が送られ、すぐさま運動神経を通じて「縮め!」の命令が下ります。これを伸張反射と呼びます。このときに伸ばしている力と縮もうとする力の膠着状態が出来ます。腕相撲でお互いの力が拮抗して動かない状態に似ています。これがずっと続くと痛くなるし、こってくることがイメージできると思います。

伸張反射により筋肉が収縮しようとしているのに短くならないと緊張が高まります。筋紡錘・ゴルジ腱紡錘からの信号が多くなるとこの状態が強くなってしまうのです。

筋紡錘

筋紡錘の図 「痛みの考えかた」南江堂より引用

急性痛にも慢性痛にも効果のある整体術

奉身塾での学びの様子

今までたくさんの療法を学び、たくさんの方のお身体を診させて頂いて、症状に応じた様々な整体を行うことができるようになりました。

急性痛には主に「腱引き」「古武術活法」を用い、慢性痛には「健昴会整体術」「JPR協会の筋膜調整」「ストレッチ法」、パフォーマンスの向上に「奉身塾」の身体調整法を用いるなど、その時のお身体の状態に合わせて最も効果の出る施術を行っておりますそのため、あらゆる症状に効果が出る整体法となっております。(写真は「奉身塾」での学びの様子です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1