スポーツ整体

スポーツ整体 野球

浜松地区は県内でも部活動やクラブチームの活動が盛んな地域の一つです。当整体院にも学生さんや地域クラブで活躍している選手・市民ランナーなどでスポーツ障害で悩まれている方の整体術のニーズが大変に高いです。

ジャンパーズ・ニー、ランナーズ・ニー、腰椎分離・すべり症、野球肘・テニス肘、半月板損傷、シーバー症など・・・スポーツ障害といってもとてもたくさんの症状があり、当ホームページでも症状別ページにいくつかは掲載しておりますが、疲労性のもの(これが最も多いですが)、強い一撃を受けたもの、年齢層によっても様々です。

中でも学生さんのスポーツ障害で気を付けなければならないのが、「骨端線に関する症状」です」。成長期に身長が伸びるのは、骨には隣の骨と連結している部分に〝骨端線〟と呼ばれる軟骨部分があり、そこで骨の増殖が行われているからです。図のように(絵は苦手ですが、イメージだけでもつかめると思います)線が入っているように見える部分が軟らかいために外圧に弱く、筋肉が継続して引っ張ることでその部分を変形させたり、骨折させたりしまう恐れがあるのです。(前者の例はオスグッド、後者は外反捻挫による腓骨頭はく離骨などです)

また、継続疲労によるスポーツ障害でよくあるものの1つが「シンスプリントからの脛骨疲労骨折」です。筋肉は収縮することによって力を出しますが、強い収縮が続くと筋肉が緊張したままとなってしまい、他の筋肉や骨に強い負担をかけてしまいます。筋肉の端の方は腱と呼ばれ筋肉の束がまとまっており、伸縮性には乏しい部分です。筋腹(筋肉の中央部分)の疲労・硬化により腱に強いストレスが加わり、腱が引っ張られて痛む他、筋腱移行部が切れたり(アキレス腱の断裂)、骨に障害を加えたりします。

筋肉の断裂や骨の障害が伴うと復帰までに相当な時間がかかってしまいます。スポーツをがんばっているのに、スポーツ障害になって思うとおりにできないでは本末転倒です。大きな症状になる前に筋肉への整体術で必ず予防できること、軽減できることがあります。当院ではスポーツ障害で困っている方へ全力でサポートを行っていきます!

スポーツ整体 骨端線

なぜ、成長期の子どもにスポーツ障害が多いのか?

スポーツ整体 学生

成長期の子どもの骨は常に伸びています。わずかな伸びであったとしても筋肉にとっては大きな変化で伸ばされて緊張を生みます。また、伸びているということは、骨の成長段階にあり、骨自体が弱い状態であるといえます。さらに筋力や様々なパフォーマンスが向上しやすいので、ついがんばってしまいますが、そのことで部分的な過労を生むこともあります。例えば、下半身がしっかりとできていないのに、腕を無理やり振り回してフォームを崩してしまい肘を痛めるなどです。一見、速い球が投げられるようになって楽しくてつい無理にがんばりガチになりますが、フォームなども含め、オーバーユースには大人がしっかりと注意して見てあげなくてはいけません。

当院の整体術

スポーツ障害を抱える方の環境やニーズはそれぞれ違います。目指す大会などがある場合は、チーム事情も考慮しながら今どんな選択をしてお身体と向き合っていくべきかをスポーツ指導者の経験を生かしてベストな方法をご提案していきます。基本的な考え方としては使った筋肉の逆の動きをしてリセットをするということです。

伸び盛りの中高生は毎日自分の限界に挑戦をして、常に高い負荷をかけて練習に取り組んでいます。痛みを感じてしまった時はかなり進行している例も多く、それでも何とか練習を続けていきたいと来院されるわけですが、整形外科を受診してきた方にはその診断状況も踏まえ、理学所見を加味してどの様に解決していくかを探っていきます。基本的には練習を続けながら改善に向かっていけるように自己整体法なども検討をしていきますが、所属しているチームの大会日程など、いろいろなことをお伺いしてベストな方向性を見いだしていきます。学生さんの場合はやりながらなんとかしたいというニーズが圧倒的に多いので、できる限りその意向に添えるようにしていきます。

また、間違った身体の使い方やトレーニング方法で痛めている場合もあります。その場合は、よくお話をお伺いしてより良い方法を検討していきます。このことはスポーツ障害を克服するだけではなく、各スポーツでのパフォーマンスアップにもつながっていきます。

メディカルフリーイラスト図鑑より

痛みの正体は血液循環の不良

痛みの悪循環

元来、痛みを感じるというのは生きていく上で有用な機能です。身体にとって危険な刺激に対して感覚神経を通じて脳に情報を出すことにより、痛みを回避する行動をとります(オレンジの矢印)。

しかし、不要な痛みもあります。その一つが慢性痛などの不快な痛みの継続です。青い矢印のサイクルで示されるように、痛みの原因がない状態で、悪循環が引き起こされて痛みが継続する場合があるのです。

感覚神経からの情報を受けて運動神経、交感神経ともに興奮をします。そうすると筋肉の緊張が起こり、血管が収縮します。これらはともに血液循環の減少を招きます。血液量が減れば酸素の供給量が減りますので、各細胞は息苦しくなるわけです。そのため、何とか血管を広げて血液の量を増やそうとする働きが起こりますが、これが炎症になっていくわけです。また、炎症反応では、痛みを感じる物質、痛みを増強させる物質が発生しますので、炎症が起こると痛みを感じるようになるのです。

そして、炎症による痛みが元になり、感覚神経を刺激して再び痛みの悪循環がつくられます。これが慢性痛の起こる1つの要素です。

メディカルフリーイラスト図鑑より引用

筋肉は縮んでも伸ばされても緊張する

筋肉の緊張

「痛みの考えかた」南江堂より引用

同じ姿勢を続けていると痛みが増強します。ずっと下を向いていれば首が痛くなりますし、イスに座って長時間デスクワークをしていると腰が痛くなります(aのパターン)。また、同じ動作の繰り返しでも痛みが発生します。重いものを持ったり鍬で作業をしたり、様々な力仕事がこれにあたります(bのパターン)。

簡単にまとめるとこのようになります。

筋緊張

なぜ筋肉が緊張するのか?

筋肉は伸ばされると切れないようにとっさに縮む性質があります。この反応の鍵を握るのが筋肉内にある「筋紡錘」と「ゴルジ腱紡錘」という2つのセンサーです。筋紡錘は筋肉の長さを感知し、ゴルジ腱紡錘は筋肉の張力を感知して脳に知らせます。一定の長さや張力がかかると脳に情報が送られ、すぐさま運動神経を通じて「縮め!」の命令が下ります。これを伸張反射と呼びます。このときに伸ばしている力と縮もうとする力の膠着状態が出来ます。腕相撲でお互いの力が拮抗して動かない状態に似ています。これがずっと続くと痛くなるし、こってくることがイメージできると思います。

伸張反射により筋肉が収縮しようとしているのに短くならないと緊張が高まります。筋紡錘・ゴルジ腱紡錘からの信号が多くなるとこの状態が強くなってしまうのです。

筋紡錘

筋紡錘の図 「痛みの考えかた」南江堂より引用

急性痛にも慢性痛にも効果のある整体術

奉身塾での学びの様子

今までたくさんの療法を学び、たくさんの方のお身体を診させて頂いて、症状に応じた様々な整体を行うことができるようになりました。

急性痛には主に「腱引き」「古武術活法」を用い、慢性痛には「健昴会整体術」「JPR協会の筋膜調整」「ストレッチ法」、パフォーマンスの向上に「奉身塾」の身体調整法を用いるなど、その時のお身体の状態に合わせて最も効果の出る施術を行っておりますそのため、あらゆる症状に効果が出る整体法となっております。(写真は「奉身塾」での学びの様子です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1