坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛は「腰仙坐骨神経の支配領域、すなわち臀部、下肢後面あるいは外側面へ放散する疼痛自体、あるいは疼痛を呈する症候群の総称」と記載されています。(脊椎脊髄病用語事典より)。坐骨神経とは人体の中で最も長く太い神経です。この神経ライン上に痛みを発するものが「坐骨神経痛」です。

症状としては、臀部の痛み、しびれ、足の付け根が痛い、間欠性破行などがみられます。腰部脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアと合併して発生することも多くあります。

坐骨神経痛の様々な症状

坐骨神経痛

下記のような症状が見られたら坐骨神経痛を疑ってください

・いつもお尻に痛み・しびれがある

・立っていると足が痛んできて、立っていられない

・足だけではなく、腰にも痛みがある

・足が激しく痛み、歩くのが困難(間欠跛行)

・腰(身体)を動かすと足の痛みが激しくなる

・痛みやしびれ以外に焼けるような痛みがある

・安静にしていてもお尻や足が激しく痛んで眠れない

・身体をかがめると痛くて靴下をはけない

痛みやしびれを感じる範囲

当院の整体術

坐骨神経

どの部分に痛みやしびれがでるのか?どの姿勢で痛みが強くなるのかを判定します。坐骨神経ライン上のどこにでも発痛する可能性があり、時によって場所が移ることもあります。臀部痛、腰痛と併発して起こることが多く、身体全体から発痛原因を探していきます。

坐骨神経ラインに沿った筋肉の触診を行い、ストレスのかかっている部分を確認して、臀部やハムストリングス、下腿三頭筋などの緊張を緩和する整体術を行っていきます。特に足先などの末端部分に異常がある場合が多く、足部の調整をより丁寧に行います。

また、痛みによる姿勢の崩れから上肢にも緊張が見られるので、肋間部や側腹などの異常が認められた部分へのアプローチを行い、重心が正しく入って動作が行われるように調整をしていきます。

さらに、坐骨神経は梨状筋より浅層へ導かれており、この付近の硬直によっても引き起こされることもあり、その場合は臀部調整を行います。

普段の動きとの関わりも深く、慢性化している場合には、臀部や下腿に関わるストレッチをお伝えし改善を試みます。

 

後面から見た図 左足黄色の光っている部分が坐骨神経

※浅層の筋肉は除去されている状態です

痛みの正体は血液循環の不良

痛みの悪循環

元来、痛みを感じるというのは生きていく上で有用な機能です。身体にとって危険な刺激に対して感覚神経を通じて脳に情報を出すことにより、痛みを回避する行動をとります(オレンジの矢印)。

しかし、不要な痛みもあります。その一つが慢性痛などの不快な痛みの継続です。青い矢印のサイクルで示されるように、痛みの原因がない状態で、悪循環が引き起こされて痛みが継続する場合があるのです。

感覚神経からの情報を受けて運動神経、交感神経ともに興奮をします。そうすると筋肉の緊張が起こり、血管が収縮します。これらはともに血液循環の減少を招きます。血液量が減れば酸素の供給量が減りますので、各細胞は息苦しくなるわけです。そのため、何とか血管を広げて血液の量を増やそうとする働きが起こりますが、これが炎症になっていくわけです。また、炎症反応では、痛みを感じる物質、痛みを増強させる物質が発生しますので、炎症が起こると痛みを感じるようになるのです。

そして、炎症による痛みが元になり、感覚神経を刺激して再び痛みの悪循環がつくられます。これが慢性痛の起こる1つの要素です。

メディカルフリーイラスト図鑑より引用

筋肉は縮んでも伸ばされても緊張する

筋肉の緊張

「痛みの考えかた」南江堂より引用

同じ姿勢を続けていると痛みが増強します。ずっと下を向いていれば首が痛くなりますし、イスに座って長時間デスクワークをしていると腰が痛くなります(aのパターン)。また、同じ動作の繰り返しでも痛みが発生します。重いものを持ったり鍬で作業をしたり、様々な力仕事がこれにあたります(bのパターン)。

簡単にまとめるとこのようになります。

筋緊張

なぜ筋肉が緊張するのか?

筋肉は伸ばされると切れないようにとっさに縮む性質があります。この反応の鍵を握るのが筋肉内にある「筋紡錘」と「ゴルジ腱紡錘」という2つのセンサーです。筋紡錘は筋肉の長さを感知し、ゴルジ腱紡錘は筋肉の張力を感知して脳に知らせます。一定の長さや張力がかかると脳に情報が送られ、すぐさま運動神経を通じて「縮め!」の命令が下ります。これを伸張反射と呼びます。このときに伸ばしている力と縮もうとする力の膠着状態が出来ます。腕相撲でお互いの力が拮抗して動かない状態に似ています。これがずっと続くと痛くなるし、こってくることがイメージできると思います。

伸張反射により筋肉が収縮しようとしているのに短くならないと緊張が高まります。筋紡錘・ゴルジ腱紡錘からの信号が多くなるとこの状態が強くなってしまうのです。

筋紡錘

筋紡錘の図 「痛みの考えかた」南江堂より引用

急性痛にも慢性痛にも効果のある整体術

奉身塾での学びの様子

今までたくさんの療法を学び、たくさんの方のお身体を診させて頂いて、症状に応じた様々な整体を行うことができるようになりました。

急性痛には主に「腱引き」「古武術活法」を用い、慢性痛には「健昴会整体術」「JPR協会の筋膜調整」「ストレッチ法」、パフォーマンスの向上に「奉身塾」の身体調整法を用いるなど、その時のお身体の状態に合わせて最も効果の出る施術を行っておりますそのため、あらゆる症状に効果が出る整体法となっております。(写真は「奉身塾」での学びの様子です)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あき整体院

ご予約・お問い合わせはこちら

053-487-1129

053-487-1129
メールでのご予約はコチラ
受付時間
8:00~22:00
定休日
不定休(営業時間の欄をご覧ください)

〒4311204静岡県浜松市西区白洲町3290ー1